アイルランドのたび  2005/10

入口は、下記の日程表の日付です


ジャイアンツ
コーズウェイ
青い線が移動したルート、ベルファスト〜アスロンはも少し右にカーヴします。
イニシェモア島
7つの教会

クロンマクノイズ

モハーの断崖

クロンマクノイズ

バレン高原
ドルメン

イニシェモア島
ダン・アンガス

グレンダー・ロッホ

アイルランド国旗
     
人口:390万人
北アイルランド国旗

人口:170万人
面積:北海道と同じくらい。
人口:560万人
気候:年間を通じて寒暖の差が少なく、穏やかな気候。冬期でも零下になることはほとんどないが、シャワー
    と呼ばれる細かい雨が頻繁に降るため一年を通して緑が美しく絶えることがない。
通貨:北アイルランドはポンド。アイルランド共和国はユーロ。
治安:良好、水道水が飲める。街は普通に歩けます。
公用語:ゲール語と英語。北アイルランドはこれに、アルスタースコットランド語が加わる。

我々がアイルランドと呼んでいる島は、イギリスの一部である北アイルランド、アイルランド共和国とがある。
南のほうがエーレというアイルランド共和国。
古来からの歴史と宗教的な違いによる近代までの確執は、よく知られている。
今回行って見て、街の風景は変わらないけれど、通貨や速度表示、標識の違いから、国が違うんだということを認識した。
南の方はユーロ加盟国なので、速度表示はキロメートルだった。道路標識はどちらも判りやすく、左側通行であるし、日本人は運転しやすいと思った。次回があるならば、車で廻りたい。
ただし、はじめは2ヶ国語だった標識も、しまいにゲール語だけになるのが難点かしらん。
10月は、日本の初冬と同じくらいで、日の出が遅く、日没が早いのだった。
天気は変わりやすいが、幸い晴れが多く、雨になっても小ぬか雨で、われわれが車内か屋内かのときだった。
街から街への移動中の車窓の景色は、緑色。のんびりとした酪農国の様子がわかる。
高い山も1000mちょっと。
西側の海岸線、コマネラ地方や、バレン高原は、切り立った崖だった。だからバイキングの襲来は東側のダブリンやウォーターフォード、コークあたりだそうだ。
1691年ころ、オーグリムの戦いでイングランド人優位(プロテスタント)の決着がついてから、アルスター地方が栄え、今もベルファストが北アイルランドの首都。

電圧は250V、プラグタイプBFで、どこのホテルもOKだった。
  
行動
時差
8時間遅れ
00000 出発 走行距離 到着
(ランチタイム含む)
観  光 宿泊地
2005/10/11 飛行機 11:00 00000 20:08 ロンドン・ヒースロー乗換え 機内/ベルファスト
2005/10/12 バス 8:30 100km
100km
10:27
14:43
ジャイアンツコーズウェイ
ベルファスト市内観光、クィーンズカレッジなど
ベルファスト
2005/10/13 バス 8:30 250km
90km
15:01
18:10
クロンマクノイズ ゴールウェイ
2005/10/14 バス/船 9:00
10:30
17:00
35km
35km
10:12
11:28
19:32
ロッサヴィールからアラン諸島最大の島、イニシェモア島へ
ダン・アンガス、7つの教会
ゴールウェイ
2005/10/15 バス 9:00 235km 18:00 バレン高原、ドルメン、キルエノーラ修道院跡、モハーの断崖 キラーニ
2005/10/16 バス/馬車 9:00 90km 18:37 キラーニ国立公園、マックロスハウスと庭園、ロス城 コーク
2005/10/17 バス 9:00 160km 19:30 コーク市内観光、イングリッシュマーケット
ウォーターフォードのクリスタル・ヴィジターセンター
ダブリン
2005/10/18 バス 9:00 60km
60km
18:10 ダブリン市内観光、聖パトリック大聖堂、トリニティーカレッジなど
ギネスビール醸造所、グレンダーロッホ
ダブリン
2005/10/19 バス/飛行機 06:30 00000 10:20 ロンドン・ヒースロー乗換え 機内
2005/10/20 飛行機 13:00 00000 08:30 成田着 機内

花入口

page top△

町のあれこれ

HOME page top△